因果応報

先日、高知市内を流れる神田川沿いを朝8時半頃自転車で走り、あることを思い出しました・・・

18年ほど前、ニュージーランドから高知に帰ってきて浦戸湾に流れ込む川を全て釣り歩いてスズキが釣れるポイントを開拓していました。その日は夕方から神田川を歩いて遡っていきました。すると夕方18時頃から神田川の水が劇的に汚れ始め、夜になると水は乳白色に染まり、水面には泡が浮き、残飯と洗剤と泥のニオイが乱れ、気分が悪くなりました。

私は釣りを止め、川に流れ込む排水溝~用水路~建物から流れ出す排水まで汚水を追いかけて乳白色の原因が工場や巨大な施設などではなく家庭から垂れ流される家庭汚水であり、その家から炊事や入浴の音を聞き取り、高知の下水事情について興味を持ちました。東京で暮らしていた頃は家庭排水が目に見えるようなことはあまり無く、地方を旅していると時々垂れ流しの下水を目にしていましたが高知は至る所で家庭排水が側溝に流れる光景があり下水道処理普及率は確実に低いと予想しました。
この一ヶ月ぐらい後に市役所や水道局に行って高知の下水処理の実情を調べました。

最新のデーターはこれです。

下水道処理人口普及率 平成26年3月31日現在

東京の下水処理普及率99.4%に対し高知は35.4%。
この35.4%以外は台所や風呂場からそのまま川と海へ汚水が流れているのではないでしょうか。

もっと細かく調べると。

全国市町村別 下水道処理人口普及率一覧(H25年度末)

高知県34市町村の内、下水処理しているのは僅か15市町村。


高知の水の綺麗さは努力ではなく自然が濃厚なだけ、ただの偶然なんです。四万十川流域の下水率も以前何かで見ましたが酷いものでした。浄化槽や汚水処理施設でどのように、どれぐらい、汚水がキレイになっているのかは分かりませんが、自分の使った食器を洗った水、洗濯水、お風呂からそんな施設へ行く行かないの問題ではなく、自宅から出る汚水をなるべく減らすことが大事だと思い、この頃から石鹸や洗剤を自然分解のものにしたり、髪用品、歯磨き粉、化粧品、などもなるべく自分にも自然にもダメージが少ないものに変えて行きました。同時期に縫い子が体調を崩したことも、もう一つのキッカケになりました。
ダメージの弱い洗剤や石鹸に気を使うことだけではなく、お皿に付着した汚れを紙で拭いたりゴムベラで落としてから洗い、水と洗剤・石鹸の使用量を少なくしたり、溜め水で洗ったりしています。そんなことを意識して暮らすことを18年続けてきて、あれがいい、これはダメとか少しずつ自分達なりの答え(自己満足)が出てきました。

最初はTVコマーシャルに出てくるような洗剤を5分の1に薄めて使ったり、歯磨き粉を朝だけ使ったり、汚れたお皿を古紙で拭いたり、浸け置き洗いしたりしてきました。これだけでも全然違うと思います。
自然や人に対してダメージの少ない商品は100円200円で買える物は少なく、中には量販品の10倍なんて高価なものもありますがアウトレットやセールの情報に365日アンテナを張り巡らせていますし、外国から情報を集めたりして少しでも安価でいいモノを買えるように日々努力しています。
高価モノは必然的に意識して使うようになり、それにリンクして自然に対しても意識するようになったことも多く、お金が関係することで真剣さが増し、別の意味での人間の本性やエゴについて考えさせられたことも沢山あります。

私は自然や地球のために生きていませんし、自分のエゴと矛盾と挫折の言い訳を日々探して、何がいいとかダメとか人それぞれ考えが違うでしょうし、本当に自然のためを思うのであれば人間が500年前の暮らしに戻るか絶滅した方がいいとも感じます。でもそれは実際できません。

私は魚釣り、川遊び、カニ捕り、カヤック、サーフィンなど水に関するアウトドアを物心ついた頃からしてきました。政治家よりも水を側に置いて暮らしている私のような者こそ真っ先に自然に対する行いを良くしないと自分の生き方の辻褄が合わないとも思います。海外でも沢山の自然に触れて自然の偉大さとデリケートさを多く感じて来たので、あんな神田川を目にして無関心では居られません。水を汚すことに加担している事実に目を背けることをせず、自分なりにベストだと思うことを一つ一つ進め、次世代にも鏡川でハゼ釣りをして天ぷらにして食べてもらいたいですし、シジミも掘って食べてもらいたいです。
自分の台所や風呂から出る水が今晩食べたサバの干物にも、ウエスタンサモアの抜けるように綺麗な海にも、イエローストーンの空の雲にも、繋がっているんだと思って水道の蛇口を回し、洗濯機を回し、身体を洗うことで選択が変わったことも沢山ありました。

全ては繋がり関係性があり、常に他の要素によって存在し、他との関係性を持たないものなど存在しないんですよね。
自分達だけではなく次世代に何を残せるのかを考えて暮らしたいと思い、私は私のモラルで行動しています。

因果応報。
行ないは全て自分達に戻ってきます。

b0195924_02893.jpg



TAGO-MAGO Facebook





本日はこれ!

「 Banff Mountain Film Festival」



こんな遊びを経験したら自然を少しでも良い状態で残したいとイヤでも思うのではないでしょうか?。
強くて大きく深い体験、経験、感動が次なる行動を起こすのだと思います。
[PR]
by unsane001jp | 2014-10-14 00:55 | コラム