東京仕入旅 秋編 PT2

写真にコメントをつけて旅の様子を紹介したいと思います…





b0195924_00153249.jpg
今回の仕入れ旅は初日と2日目に多くの取引先にアポ取りしてたので両日共に時間に追われ慌ただしかったんですが、その分3日目はフリーにして新規開拓に専念することができて合理的に仕事を進められました。普段、ファッション雑誌や他店の洋服などを見ることもほとんどなく、流行や人気などに無関心な洋服屋のTAGO-MAGOですが、東京だと勝手や雰囲気を知っている街と店が沢山あるので自分達のアンテナに引っ掛かるモノや店を探して毎回21時ぐらいまで街を徘徊しています。現場至上主義をモットーに「メディアや業界から流される情報=金と権力」に踊らされることがイヤなので実際に観て触れた直感で判断することが自分達らしいと思って服屋をやってます。

一日に数百点の商品の品定めをして、生地に関しては何千枚もの生地を見るので夕方には集中力が切れてしまい溜息ばかり出てしまいますが、今回は息抜きにレコードショップやアウトドアショップへ行ったり、映画館でチラシをもらったり、釣具屋やスケボーショップを覗いたりしてなんとか集中力を持続することができました。


b0195924_00363188.jpg
移動しながら私(♂)のiphoneでアポ取りしているんですが、縫い子は携帯電話を生れて一度も持ったことがないので携帯が鳴っても出ることも掛けることもできません.


b0195924_00440732.jpg
仕入れ旅は常に時間に追われているので昼食は流し込む程度のモノが多いんですが、今回は2日間共に10時と13時のアポが多く昼休みの時間がとれたのでしっかり食べることができました。
しかもどのお店もかなり美味しかったです。


b0195924_00181635.jpg
b0195924_00203422.jpg

b0195924_00210655.jpg
b0195924_00284152.jpg
b0195924_00280010.jpg
商談で青山へ。
昔から仕事じゃないと来ることのない街ですが、青山へ来ると
b0195924_01095656.jpg
岡本太郎の「こどもの樹」を見るのを楽しみにしています。
それと映画館でチラシをもらうのも青山での楽しみの一つです。
b0195924_00465164.jpg

青山通りにある国連連合大学、存在感あるなぁ…
東京都から無償で貸与された土地に日本政府の予算で建設されたもの。

b0195924_00454238.jpg
国連ってどーなんでしょうね?・・・・

  • ・国際平和・安全の維持
  • ・諸国間の友好関係の発展
  • ・経済的・社会的・文化的・人道的な国際問題の解決のため、および人権・基本的自由の助長のための国際協力

    が国連の目的、国連憲章1条となっていますが…

    私的にはギャグとしか思えないんですが…




  • b0195924_01045372.jpg

    しかし、表参道と青山通りの雰囲気は年々変わってますね。
    昔は古着屋や個性的なお店が点在していましたが、今は味気ない通りになってしまいました。
    青山へは仕事じゃないと行くことはないと思いますが、裏通りへ行けば美味しそうなお店もありそうなので仕事の合間に開拓してみたいと思います。

    b0195924_15573553.jpg
    メーカーとの商談が終わり、代官山へ仕入れに行くと可愛いわんこを発見!
    b0195924_15164942.jpg


    カメラ目線もバッチリです。
    夜は下北へ。



    b0195924_16020342.jpg
    開発の波に飲み込まれようとしている下北ですが、まだ小さなお店が沢山残ってました。
    今年の夏には多くの建物が壊されるようです。

    b0195924_16115449.jpg
    小さな日本の東京の小さな街の小さなお店でこんな大きな問題を語ることの重要さと、ここから繋がる人々の意識と思考。
    今晩の夕ご飯のおかずを何にするのかも重要ですが、こんな話題をみんなで話せると遠くの国のことや出来事がもっと身近に感じて意識に多様性が生まれると思います。多様性は可能性です。

    人間は楽しいことや嬉しいことには自然と触手が動く生き物ですが、悲しいことや辛いことにも関心を持つことも必要だと思います。



    今回は新宿3丁目に滞在していたんですが、下北で仕事を終えたのが21時過ぎでそれから食事をしてクッタクタになりながら23時前に新宿駅から歩いて滞在先へ戻っているとTAGO-MAGOのアイドル「Gil Scott-Heron」のイラストがドーーーーン!
    明日も7時起きなので早く荷物を整理して明日の準備をしてお風呂に入って眠りたいんですが、Gil Scott-Heronのイラストを看板にしているお店を素通りするほどヤボな人間にはなりたくないので迷うことなく入店しました。

    b0195924_16301290.jpg
    店内にはCurtis MayfieldやMarvin Gayeのジャケット画で有名な黒人画家「Ernie Barnes」の画が何枚も飾られ、「Leroy Hutson」のポスターが。私はドリンクを頼みながら

    「前を通ってたらGil Scott-Heronのイラストがあったので思わず入ってきました」

    『DJか何かされているんですが?』

    「昔バンドをしてまして…ブラックミュージックも大好きで25年ほど前にニューヨークでGil Scott-Heronのライブも観ました」

    『ええぇ!!実際に観ているんですか!それはすごいなぁ~!!』

    と。
    それからは話題に出たアーティストの音源を片っ端からかけてくれて、それはそれは濃厚な話で盛り上がりました。
    新宿に泊まるときはまた行きたいと思います。



    東京仕入旅 秋編 まだ…続く…

    本日のBGMはこれ!

    「Gil Scott-Heron」



    Bill Withersの名曲をGil Scott-HeronがFUNKYにカバーしたご機嫌な一曲です。



    [PR]
    by unsane001jp | 2016-02-07 14:45 | | Comments(0)