春物製作開始!

春・夏物の生地をゾクゾクと仕入れています!

先ほどUPしたタゴタイパンツ・ロング丈に使用したリネンと、タゴタイパンツ・7分丈に使用した混合生地(ロングと7分は風合いを変えたかったので別々の生地で作ってます)とても良かったので他にも展開出来ないかと模索しています。

フレアパンツ、そしてタゴタイパンツに使用している生地に出逢うまで、東京~神戸の何十件もの生地屋を実際に何度も歩いて周り、通販可能で気になる生地屋へサンプル請求して・・・・と一年以上探してやっと出逢えた生地です。
しかし、せっかく探し当てた生地もロットが変わると微妙に織や染色が違ったり、全く別物になることも多々あります。そんな時はまた一から探し始めます。
出逢った喜びと変わる不安という恋心に似た感情に日々振り回されております(笑)

たった今、羽織り物用に発注した生地が到着しましたが、とてもいい生地でした・・・(涙)
春に向けて明るい色やホワイトベースの生地を増やしてます。今からデザインして、型紙を切って、試作を作り、手直し&アレンジを繰り返し納得出来るモノに仕上げていきます。


TAGO-MAGO春夏物、製作開始します!
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-26 10:22 | お知らせ

タゴタイパンツのロング丈が完成しました!

リネン100%の素材で歩くとキレイに揺れるパンツです。
一見独創的なデザインに見えますが、穿くと意外に控えめなので何にでも合わせやすいパンツだと思います。
何度か洗濯するとリネンの風合いが出て良い感じのラフさが出てきます。

タゴタイパンツ、好評です!


本日のBGMはこれ!



[PR]
by unsane001jp | 2011-01-26 08:13 | パンツ

22日、出店します!

あさって22日のマーケット、出店します。
只今、大至急でタゴタイパンツのロング丈を作ってますので、2本は持って行けると思います。

この日は2人で行きますので、是非遊びに来てください。
服の話、音楽、映画、旅、海外、世界情勢、環境、田舎暮らし、東京、青森、アウトドア、本、自転車、スケボー、ルアーフィッシング、サブカルチャー、笑い話・・・・など、濃厚なものから軽い話題まで色々取り揃えてお待ちしてます!

間に合えば写真UPしたいと思います、


本日のBGMはこれ!

「Dirty Three」




10数年前にオーストラリアで観ました。
来月来日します!
東京へ観に行きます!
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-20 22:51 | お知らせ

明日

美術館で

セラフィーヌの庭

という映画があります。

【あらすじ】
1912年、フランス・パリ郊外のサンリス。
貧しく孤独な女性・セラフィーヌの日々を支えていたのは、
草木との対話や歌うこと、そして何よりも絵を描くことでした。
ある日彼女は、アンリ・ルソーを発見し、ピカソをいち早く評価したドイツ人の画商、
ヴィルヘルム・ウーデに見出され、彼の援助のもと、個展を開くことを夢見るようになります。
しかし第1次世界大戦が始まると、ウーデは敵国の人間となってしまうのでした。

【日   時】  2011年1月19日(水) ① 13:30 ② 16:15 ③ 19:00
【場   所】  高知県立美術館ホール
【料   金】  前売:一般1,200円、当日:一般1,500円、シニア・高校生以下1,000円



この画家のタッチと色使いが好きです。
映画としても楽しめそうなので明日観に行ってきますね。
ポップアートと石元さんの写真展も見てきたいと思います。

美術館まで自転車で行って、そのままサイクリングしながら写真を撮りに海まで走ろうかな・・・・・




本日のBGMはこれです!




懐かしい~。
12歳の想い出がいっぱい詰まっている曲です。
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-18 23:33 | 日記

アンデスヤッケ

アンデスヤッケ 冬バージョン


★ダークネイビー★
b0195924_23304434.jpg


b0195924_23323445.jpg


b0195924_23345217.jpg



★ダークブラウン★
b0195924_23355416.jpg



素材 ウール7%綿93%
リネン起毛のような肌触りの布です。
春も大丈夫です。


ワンピース、チュニック、ポンチョ、コート、ジャケットと、色んなニュアンスがミックスされたトップスです。
パンツやスパッツの上に羽織るだけで独特の雰囲気が出ると思います。
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-14 23:49 | トップス

明日、15日出店します!


アンデスヤッケのワンピース版も完成しましたので、時間があれば画像をUPしたいと思います。
取り急ぎ出店の報告を。
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-14 19:45 | お知らせ

尾道を旅したとき、こんな店を見かけました。

b0195924_21285790.jpg

(2008年 尾道)  「TAGO-MAGOブログは画像をクリックすると拡大されます」


お婆ちゃんが押して歩く「 ウバ車 」専門店。
多分世界でもここ一軒しかないんじゃないかな・・・・ウバ車しか売ってないお店って。
この店を見つけたとき、なんとも言えない優しい気持ちに包まれました。


日本の個人商店はだんだん元気がなくなってきてます。
赤ちゃんの揺りかご~死んだ爺さんの線香まで買えて、二日酔いのパパが食べたいうどん~子供が大好きなフライドポテトとお母さんが大好きなふわふわオムライスまで選べるフードコートがあって、映画が見られて明日の食材まで買える娯楽大型ショッピングセンターの出現で日本中どの街を旅しても昔ながらの店や地方性や土地の文化を感じる店は年々減少しています

数年前に九州を自転車で一周したとき、現実を目の当たりにして驚愕しました。
自転車で峠を越えて一番最初に現れるのは「「し○むら」。そして「ロー○ン」「○イソー」「○エローハット」「「ガ○ト」「オー○トバックス」「ジョイ○ル」モ○バーガー」」「吉○屋」「マク○ナルド」。シャッター商店街の元繁華街を抜け、山道を走り峠を越えるとデジャブーのようにまた「しま○ら」、そして「ロー○ン」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そんな風景が各町、各市、各県、の境に来るたび出現します。
勿論これは九州だけの現象ではなく、今は日本中何処へ行っても同じ店、味、表情、言葉・・・・。
ちょっと悲しいですよね。
海外も同じ視線で歩いてきましたが、フランチャイズの本場のアメリカもここまで酷くはありません。

利便性とスピード、選択の豊富さと合理性を追い求めた代償は、それらに属することの出来ない弱者やマイノリティーに、昔ながらの営みや繋がりを重んじる人達の足元を崩し壊しています。
そんなことを今、実感出来ない人達も、この事実に直面する順番は必ず回ってくると思います。
利便性とか能率的なことよりも大切なことは沢山あると私は信じてます。

そんなことを考えながら30分ほど「林ウバ車店」を眺めながらベンチに座ってました。
お腹が空いたのでこんな食堂でご飯を食べて

b0195924_23172890.jpg



こんなお店を覗いたりして

b0195924_23193349.jpg



商店街を歩いていると、こんな手作りオモチャがあり

b0195924_23213225.jpg



心が和みました(笑)
これを作る時の子供のワクワクする気持ちはお金では買えないし、自分で作ったという満足感と自信は子供にとって財産だと思います。私もそうでした。

「自分は何を作ってたかな・・・」と思い出しながら歩いていると


b0195924_23522465.jpg



懐かしい~!!
何十年ぶりでしょうか。リアルタイムでよく乗ってました。
しかも値段が今も10円って・・・・・(笑)


やっぱり金太郎飴的な店やショッピングセンターよりも、私は昔ながらの商店街の方が断然好きだなぁ~。






本日のBGMはこれ!



[PR]
by unsane001jp | 2011-01-14 00:43 | コラム

ポップアート

今、高知の美術館で「ポップ・アート 1960’s→2000’s」という催しものが開催されています。


b0195924_2317825.jpg

(2008 金沢美術館)


有名どころのリキテンスタイン、ウォーホル、バスキア、ヘリング、などは5年ほど前にユニ○ロのTシャツになっていたので絵を見ると「見たことある」って感じる方も多いと思います。
私は80年代、バスキアが大好きでした。
画も好きですが、そんなことよりもバスキアのヘアースタイルやファッションがなんともカッコ良くて、当時美術雑誌やサブカルチャーな雑誌を立ち読みしては同じような服を買い真似してました。XXLの大きなトレーナーにバギーパンツ。ハーフコートにたすき掛けの大きなバッグ。当時、私のファションアイドルでした。




(因みに日本の時代背景は「ボウイ」 「ビーパップハイスクール」 「危ないデカ」とかが全盛の頃です(笑)


いや~~~~やっぱ今見てもかっこいい!
この都会的なラフさに憧れてNYに行ったら、本当にこんな雰囲気の街だったのでもう気分はバスキア。NY名物のホットドッグ食べながら紙袋に入れたビールをラッパ飲みして、スケボーでイーストビレッジを激走!
そんな恥ずかしい過去を思い出しました(笑)



「ポップ・アート 1960’s→2000’s」

興味ある方は是非!





現在、美術館では石元泰博さんの写真展も開催しているようです。
こっちも楽しみだなぁ。

**


本日のBGMは、映画「バスキア」で挿入歌としても使われていた曲です。昨年かな?日本のドラマか映画で使われたようなので聞いたことがある方も居るかも知れません。
この人も中学生の頃から大好きでずっと聴いてます。
凄くかっこいい歳のとり方しているので今も憧れています。大好きです。

一つの音楽を何十年も聴き続けていると、その曲に色んな思い出とかその時の背景や匂いや感情が蓄積されていきます。だから聴いていると微笑んだり涙が出てきたりします。辛かったこと、悲しい思い出、楽しい記憶、あの場面、などが鮮明に蘇ってきます。
継続は深みを育てます。耳から入った音は心で感情に転化されます。
瞬間的な記憶よりも、そんな物事に囲まれて暮らして行きたいです。


顔をいつもより少し上げてPCの前に座り、落ち着いた気持ちでゆっくり聴いてみて下さい。





こんなおんちゃんにならないかんね。
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-13 01:54 | コラム

タゴタイパンツ

試作を作り何度もアレンジして・・・・・やっとイメージのパンツが完成しました!(涙)


「 タゴタイパンツ (7分丈)」


b0195924_9433774.jpg



一瞬サイドを折り込んだタイパンツにも見えますが実際は


b0195924_9473830.jpg



上部を縫い合わせています。
実際はこれぐらいの


b0195924_9551599.jpg



折り込みのあるパンツです。
フロント部に直線ミシンを掛けて折り目に重みを与えているので大袈裟に開いたりパタついたりしません。


b0195924_12335447.jpg

(現在2カラーのパターンが各一本の在庫です)



タイパンツはラフでいいんですがすごく穿き難いんですよね。
お尻の部分はオムツをしているように膨らむので抵抗のある方も多いと思います。
タイパンツを原型に、もう少し形を整えた穿きやすいパンツがずっと欲しかったんです。
TAGO-MAGOの全体的なコンセプトとして

「スタンダードな雰囲気を残しつつエスニック調」

「エスニック調だけど奇抜すぎない」

「シンプルな中にキツめのスパイス」


があります。
私(♂)は昔、人が振り返って見るような奇抜な格好をしていましたが、歳を重ね「調和」というものを学びました。(笑)その調和のサジ加減、個性の尺度、表現の出し方、などがTAGO-MAGOらしさになればと思い2人でアイデアを出し合いながらデザインしています。
このパンツはTAGO-MAGOらしさが出せたんじゃないかなぁ、と思います。

(ロング丈も只今製作中です)



**
BGMも楽しみにしているとの声を数名の方から頂きました。
ありがとうございます。
みなさんが慣れ親しみ暮らしている日常の世界観とは違う世界へ・・・と思いながらBGMを選んでいます。

本日のBGMは

「Take me somewhere nice (私をどこかいいところへ連れて行って・・・・)」

というタイトルの曲です。
まかせて下さい 別世界へ連れて行きます。大音量でどうぞ!




[PR]
by unsane001jp | 2011-01-10 12:47 | パンツ

幼い頃から知らない街へ行くことが、映画が、音楽が、服が、大好きでした。

子供の頃に感じていた知らない街の公園に初めて行くときのワクワク感と不安は、数十年たった今も知らない街を旅すると同じ鼓動で心に感じています。素敵な映画、いい音楽を探す感性のアンテナは常にたてています。
東京、海外、山村、高知、何処に居ても興味の対象は昔も今も、な~んも変わってないんです。
好きなこと もの 大切な時間は。

それでいいような気がします。
そうでなければいけない気もします。


本日のBGM 3連発!



「 Jamiroquai 」



(音楽好きの同僚が「凄い新人が出た!」とデビューシングルを持ってきてくれたときからずっと聴いてます。もう18年も前なんですね・・・・・)



「 Roberta Flack  」



(生まれて初めて買った女性ボーカルのレコードはRoberta Flackのこの曲が入っているアルバムでした)



「 Curtis Mayfield 」




(凄く優しくなれる音楽です)
[PR]
by unsane001jp | 2011-01-09 01:24 | コラム