つぶやき

写真を整理してたら色々思い出したので・・・・



「元少女」

b0195924_18374121.jpg


佐伯から宿毛へのフェリーで甲板の階段に座って凄く楽しそうに話をしていました。
姉妹なのかなぁ、古い友人なのかなぁ、習い事の集まりで旅行かなぁ、と色々想像しながら眺めていました。一人旅の多い私ですが、こんな姿を見ていると友人達と旅に行きたくなります。さっそく夏に友人達と旅に行く計画をしています。


「情事」

b0195924_190253.jpg


バスの運転手さんと添乗員さんかなぁ?。もしかしたら付き合っているのかも・・・
運転手さんには4つ年上の奥さんと2人に息子が居て、添乗員さんは若い頃の情事で大阪から福岡に来てそのまま移り住んで21年。2人が人目を気にせずゆっくり逢えるのは月に一度ある高知への仕事の時だけ。お互いの生活を尊重した付き合いはもう7年目を迎える・・・。
とか勝手に考えながら見ていました(笑



「夕日」


b0195924_856441.jpg



しまなみ海道の大島からの夕日です。
太平洋とはまた違った夕日を見ていると旅情が湧いてきます。



「立ち読み」

b0195924_1304835.jpg



赤ちゃんが眠って全身の力が抜けてクシャクシャになってます。可愛い(笑
お父さん・・・・そんな真剣に何を読んでいるのかなと覗き込んだらやはりマンガでした。
日本は大丈夫なんでしょうか?



「エーゲ海」

b0195924_2140277.jpg


しまなみ海道を自転車で渡りながら「エーゲ海ってこんな感じかなぁ~」と思いました。




「各駅停車」

b0195924_2211244.jpg


徳島県のローカル線に乗ったときに目撃しました。周りの人が全然気にしないのでこれが自然なんでしょうね。いい感じです。私はこのようなシチュエーションに頻繁に遭遇するんですが言葉で説明しても信じてもらえないんですよね・・・・(笑)



「唐人駄馬」

b0195924_23371588.jpg



足摺岬のすぐ近くに世界一規模のストーンヘンジ(巨石群)があります。
丘の上に5m~8mクラスの巨石がゴロゴロしていて「どうしてこんな地質と地形にこんな巨石が?」と不思議な気持ちになります。画像の丸い芝の公園のように見える所がかつて数百の巨石を並べた世界一の規模を誇るストーンサークルでしたが、驚くことに35年程前にこの場所を公園にするため石を取り除き埋めたそうです。この文化や財産に対する意識の低さに呆れ絶句してしまいます。
詳しくは「ここ」を見て下さい。
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-28 22:28 | コラム | Comments(0)

今日は深々と寒い一日でしたが、そんな日でも新しい方との出会いがあり、常連さんとのふれあいがあるのでまた頑張って作り出店しよいうと思えます。
寒い中のご来店、お買い上げ、ありがとうございました!

二月いっぱいまだまだ寒いので暖かい生地も作りつつ春物も作りたいと思います。
春物の生地でカシュクールワンピース、新作のスカート、パンツをデザインしていますのでご期待下さい!




本日のBGMはこれ!


「Blonde Redhead」




日本人ボーカリストとイタリア人の双子によるNYで活躍するバンドです。
不得意な英語と揺れる音程でも臆することなく堂々と歌う彼女のステージングに圧巻です。

カッコイイ!



[PR]
by unsane001jp | 2012-01-28 20:00 | お知らせ | Comments(0)

明日28日出店します!

完売していたカシュクールワンピースやロングスカートを持って行きます。

取り急ぎ出店のお知らせを。
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-27 22:27 | お知らせ | Comments(0)

モンゴルの丘の上で

高知で行なわれた、ある冒険家のトークショーでの話。

ここ数年でカシミヤウールが安く手に入るようになり日本の某大手アパレルメーカーや量販店に行くと数千円も出せばカシミアセーターが買えるようになったけど、ここには日本からはなかなか見えない事実が隠されている、と。


カシミヤはカシミヤ山羊の毛から作られます。カシミヤ山羊は中国、インド、ネパールなど限られた山岳地帯に生息する山羊で、セーター一着作るのに3~4頭分のカシミヤ山羊の柔毛が必要だと言われています。生息域は限られ、生息数も少ないうえに大量の毛の中の柔毛しか使われないとなると高価なのも当然です。
しかし、近年このカシミヤ山羊をモンゴルの広大な草原で大量に放牧し量産することが可能になりました。カシミヤ山羊の毛はヒツジの数倍の金額で買ってくれるので、放牧で生計を立てる放牧民は喜び、国を挙げてカシミヤ山羊の放牧にシフトチェンジしました。それまで草を求めヒツジと共に何百年何千年と遊牧してきた彼等の歴史も近代化の波が押し寄せ、効率よく現金になるカシミヤ山羊の存在が「富への入り口」に見えることを想像するのはそれほど難しくないことだと思います。

しかし、ここに大きな落とし穴がありました。
今までモンゴルの遊牧民が放牧していたヒツジは草を食い千切って食べていましたが、新たに放牧した山羊は草の根をむしり取って食べる習性があります。草が育っていなければ草の根を前足で掘り起こすこともします。その結果、山羊が草を食べた後には翌年生えるはずの草の根はなく、前足で掘り起こされた地面は鍬で耕されたような状態になっているそうです。それまで何千何万年と繰り返されてきた植物と動物の循環関係は崩れ去り、砂漠化した大地だけが残ります。そこへ全世界で当たり前のように舞い降りている「異常気象」がモンゴルへも手を伸ばし、干ばつと大雨という相反する現象か同じ国内で発生しています。干ばつで砂漠化が進んでいるところへ日本のゲリラ豪雨のような瞬間的な大雨が降り、汚泥化した水は元々草原だった大地を削り、土化を進め、その水は川へと流れ込み、下流の街はここ数年洪水被害に遭っているようです。もちろんカシミヤ山羊のことだけではなく色んな要因(ロシアによる化石燃料の採掘なども)が砂漠化を進めていると思いますが、カシミヤ山羊の関連性も強いと私は考えています。


十万円以上していたようなカシミヤセーターが数千円で買えるようになった裏に、このような惨事が隠されています。企業は底なしにカシミヤを買い付け、多くの収入が欲しい遊牧民は多くの山羊を放牧します。その二つの連帯性を築き上げているのは紛れもなく私達「消費者」です。自分達は見えないところで沢山の犠牲を作り安くて良いものを得ておきながら、モンゴルの人々に
「そんなことしてたら環境破壊になります。お金以上に大切なことがありますよ。昔のようにヒツジを飼いながら、私達のセーターが安くなるぐらいのカシミヤ山羊を飼いなさい」
と私は言えません。

何が正しくて何が間違いなのか分かりませんし、砂漠化を止める解決策の知恵も私にはありません。
ただこのようなことを一つでも多く知りたいですし、間接的なことや見え難いことにも関心を持って自分なりに考え行動していきたいと思ってます。


以前、モンゴルと聞けば
「ゲル」 「パオ」 「遊牧民」 「壮大な草原」 「馬」 「ヒツジ」 「民族衣装」 
などが頭に浮かんでいましたが、この因果関係を聞いてからモンゴルと言えば
「砂漠化」 「カシミヤセーター」 「洪水」 「グローバリゼーション」
と言う単語が浮かんできます。
なので近い将来、実際にこの眼で見に行きたいと考えてます。出来れば放牧している方の今の暮らしや価値観を少しでも体感したいと思っています。


情報や知識は与えられるだけではいけない気がしています。
知ろうとする意識を大切にしたいです。
無関心では何も終わらせることは出来ないし何も始まらないと思います。

セーター一枚が様々なことへと繋がり、私達はそこから色んなことを知り・考えることが出来るんですよね。








本日はこれ!





あぁ~こんな自然の中でテント張って寝たいなぁ~!!
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-24 03:55 | コラム | Comments(2)

朝から最後まで寒い雨が降り続いたマーケットでした。

そんな天候の中、来店・お買い上げして頂きありがとうございました。
一人でも多くの方とつながりTAGO-MAGOを知って・見てもらいたいので可能な限り出店したいと思います。
また宜しくお願いします!


2月いっぱい気温の低い日が続きそうなので暖かいものを作りつつ春物の準備もして行きます。
定番のフレアパンツも徐々に在庫を増やしていますし、新色の生地も仕入れましたので、完成したら写真をUPしたいと思います。

ブログもコラムや映画の話題など、気軽に書きたいと思いますので気が向いたらチェックしてみて下さい!


ご来店、お買い上げ、ブログ訪問、ありがとうございます!




本日のBGMはこれ!

「Balmorhea」



目を閉じて聴いていると色んな風景が浮かんで来ませんか?
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-23 07:19 | 日記 | Comments(0)

まかない

最近なにかと忙しいのでまかない食的なものを作って食べることが多いです。


「ポテトとブロッコリーのソテー インド風」

b0195924_652940.jpg


数種類のハーブとスパイスで炒め、チーズとバターを絡めて仕上げています。



「明太子のパスタ」

b0195924_7222820.jpg


色んな明太子のパスタをお店で作ってきましたが、今回はガーリックと一緒に炒めた明太子パスタにしました。明太子とワサビのスープパスタなんてのも美味しいです。



「醤油焼きそば」

b0195924_737289.jpg


新宿の靖国通りに焼きそば専門店があり醤油・塩・ソースの3種類から好きな味を選んで目の前の鉄板で焼いてくれるんですが、そのお店の醤油味をイメージして作ってみました。隠し味にオイスターソース、バルサミコ酢など色々入れてます。



「ベーコンサラダ」

b0195924_751485.jpg


本来ならホーレン草がベースの野菜サラダなんですが、レタスやら冷蔵庫にあるもので作りました。
これには粒マスタードドレッシングや醤油ドレッシングなどが合いますが、今回はユズドレッシングにしてみました。



「アジのハーブフライ」

b0195924_87078.jpg


釣ってきたアジを開いてマリネしてハーブとナッツ類を混ぜた粉に付けて揚げました。揚げ物は世界各国でおこなわれている料理方法なんですが、味や種類が多いのでアレンジするのが楽しい料理でもあります。




「釜揚げじゃこと大葉のおむすび」

b0195924_99588.jpg


ゆず胡椒を乗せて食べたらパンチが効いて美味しいです。



「シーフードフォー」

b0195924_919938.jpg



取って置きの干しエビを入れたら抜群にダシが出ました。




本日のBGMはこれ!

「Low」




今度、朝焼けの海を歩きながら聴こうかなぁ・・・。
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-20 22:56 | 食べるTAGO-MAGO | Comments(0)

ポッサムワンピース

「ポッサムワンピース」

b0195924_232832.jpg


(グリーン ベージュ)

b0195924_2312962.jpg


(コットン100% 裏毛ニット)



この生地はオールシーズン着れると思います。
画像では七分丈のフレアパンツをはいていますが、ジーンズでもレギンスでも可愛いですし、個人的にはロングのブレアパンツをはいて足元がヒラヒラ揺れる感じが好きです。

部屋着感覚でガンガン着てもビクともしないぐらい丈夫です。
そのままお出掛けしてもOKですし、カーディガンやストールを羽織るととても雰囲気が出ると思います。


明日持って行きます。
お早めに!

(モデルの身長は155cmです)
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-20 22:56 | ワンピース | Comments(0)

明日21日出店します!

裏毛ニット素材のワンピースを作りましたので明日持って行きます!
間に合えば今日写真をUPしますが、このワンピースはもともと縫いこが自分の部屋着用に作ったものでしたが伸縮性があり動きやすくてシルエットも可愛いのでアレンジをして商品化することにしました。

明日2着持って行きます!

(とりあえず出店のお知らせを。また後ほど・・・)
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-20 19:30 | お知らせ | Comments(0)

バラカンジャケット3色

バラカンジャケット、3色の着た感じをUPしときますね。

(ブルー)

b0195924_2339488.jpg

(ブラウン)
b0195924_15281069.jpg


(レッド)
b0195924_164278.jpg




私の写真ではちょっと伝わりにくいですが、実物はもっと落ち着いた色でシワ加工の風合いもとても味があります。生地の在庫がなくなりましたので今シーズンは在庫(各一点のみ)で終了となります。

(現時点で通販やお取り置きのお問い合わせがありますので、各色在庫の有無を知りたいお客様はお気軽にお問い合わせ下さい)





本日のBGMはこれ!  


「Mogwai」



静かな激しさ。
悠々として急げ。
冷たい優しさ。

そんな一見相反するように感じられることが共存しているような音楽だと思います。

人間は絶対的に矛盾したものが自己の中に同一して存在する。これを西田哲学で

「絶対矛盾的自己同一」

という。
と、作家・開高健さんが言ってました(笑
でも、そんなことを感じることが日々多くなってます。

「右の目は熱く、左の目は冷たく、心には氷の炎を持て」 開高健

この音楽を聴いているとこんな気持ちになります。
フルボリュームでどうぞ!
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-16 16:44 | ジャケット・コート | Comments(0)

バラカンジャケット4色

バラカンジャケットが4色完成しました。

(グレー、ブルー、ブラウン、レッド)

b0195924_193398.jpg


シワ加工なのでラフな風合いで、襟元のチクチクもなく軽くて柔らかいです。
襟を立てて撮影していますが襟をねかせて着ても可愛いです。
[PR]
by unsane001jp | 2012-01-14 01:22 | ジャケット・コート | Comments(0)